累計出荷数1000隻以上の積付計算機
累計出荷数1000隻以上の実績を持つ、いのくま製LoadiCatorは船舶の安全な航海には欠かせない
船舶用積付計算機(Ship’s Loading Computer)です。
独自の計算エンジンにより、かんたん操作で瞬時に安全性を判定表示します。

IMO-MSC93において、2016年より搭載が義務化されたタンカーの復原性計算機(Stability Computer)に適応しています。
内航タンカーの新造船だけでなく、既存船にも対応しています。
様々な船種と船級にも適応しており、ご要望に応じて様々なカスタマイズができます。

基本機能

  • トリム計算(トリムフリー対応)
  • 復原性計算(2008 IS CODE,IACS UR-L5/SOLAS Min GoM)
  • 縦強度計算(BHD修正計算を含む)
  • 計測喫水による喫水実測

トリム計算

トリム計算
各タンクの積付重量・重心船の喫水・重心等の情報を一覧で表示します。

復原性計算


復原性規則による、船の安全判定を行います。

縦強度計算


せん断力・曲げモーメントの計算を行います。

喫水実測


喫水より、積付貨物の重量を推定します。

オプション機能

  • New Bulk Safety
  • Damaged Stability 損傷時復原性計算
  • ねじりモーメント
  • タンクサーベイ
  • タンクレベルオンライン入力
  • たわみを含んだ喫水計算
  • 自動積付調整
  • 自動トリム調整
  • コンテナオペレーション
  • Ballast Exchange Report
  • エアードラフト計算
  • Cargo Calculation,Plan 荷役協定、積付計画
  • Grain Form(NBC,Canada,AMSA)
  • タンクスケール
  • タンカー用荷役協定ソフト

New Balk Safety

損傷時復原性 Damaged Stability


船底・船側に穴が開いた等のタンクが損傷した際の、復原性計算を行います。

タンカー用荷役協定

タンクスケール

対応船級

  • NK、JG、ABS、BV、CR(LR、DNV、KR、CCS)

対応船種

 

導入船種

バルカー
FPSO
General
LNG
LPG
LPG-タンク
ORE
RORO-コンテナ
RORO-フェリー
RORO-重量物運搬
STOCKバージ
VLCC
ケミカル
サプライ-調査
セメント
バージ-セミサブ
浚渫船
冷凍運搬船
自動車運搬船
捕鯨船

導入実績企業

●川崎重工業株式会社
●四国ドック株式会社
●佐々木造船株式会社
●警固屋船渠株式会社
●神例造船株式会社
●K-Line
●三井E&S造船株式会社
●南日本造船株式会社
●中谷造船株式会社
●本瓦造船株式会社
●村上秀造船株式会社
●日立向島マリン株式会社
●三菱重工業株式会社
●佐世保重工業株式会社
●興亜産業株式会社
●太陽造船株式会社
●MOL
●深田サルベージ建設株式会社
●内海造船株式会社
●伯方造船株式会社
●株式会社新来島どっく
●山中造船株式会社
●NYK
●他

開発元

株式会社いのくま/三井造船特機エンジニアリング株式会社